ボトックス副作用は怖くない?【時間が経てば消失する】

女医

ボトックス治療の選び方

シワなどに使えるボトックスの方法は数万円程度で受けられるため、少ない費用で問題を解決できる方法です。治療を受けた後でボトックス副作用が起こる可能性は低いですが、もし起きた時は早めに医師に相談する必要があります。

詳しく見る

注射

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射はしわやエラを改善し、高い効果を発揮してくれます。ボトックス副作用が少ない施術ですが、注入量が多すぎてしまうと表情がなくなるなどのボトックス副作用が出てしまう場合もまれにあります。その場合はクリニックに相談しましょう。

詳しく見る

顔に触れる女性

承認品の優位性

公的な救済制度の対象になるなど、アラガン社製のボトックスは承認品ならではの優位性があり、安全性が高いことから人気です。ボトックス副作用を減らすためにも、治療を受ける際はアラガン社のボトックスを選び、認定医や注射針の太さにも留意しましょう。

詳しく見る

注射

体のお悩みに効く注射

エラやシワに効くというイメージが有るボトックス注射ですが、唇の縦じわ改善やタレ目効果も期待できます。またクリニックではボトックス副作用について説明してくれる、親身になって治療への希望を聞いてくれる医師を探しましょう。

詳しく見る

以前よりも改善されている

看護師

中には防げないものもある

ボトックスは筋肉の動きを抑制する作用があるため、顔の表情を変えた時にできる表情シワを軽減させるという働きがあります。筋肉の動きをなくすということで、話をしている時などに顔の表情が出にくくなるのではという心配をする人がいますが、通常の美容目的の場合には、そういったボトックス副作用はそれほど心配する必要はなさそうです。もしも、一度に大量に薬剤を注入した場合には、そういった副作用がでてきますが、表情シワをとるという目的で使用される場合には、そこまで多くの量を使用しません。さらに、注入する場所も一か所に固まらないようにするなど、ボトックス副作用がでにくくなるような配慮がなされていることが多いからです。しかし、眉間のシワをとる時は目の上部に施術を行うため、場合によっては眼瞼下垂が起こる可能性がでてきます。目を開く時には眼瞼の筋肉でまぶたを持ち上げますが、この場所の筋肉が正常に働かなくなるとまぶたが持ち上がらなくなり、目が十分に開かないということになります。眉間のシワ取りをする時には、ボトックス注射の経験が浅い医師が担当すると眼瞼下垂が起こることがあったようですが、最近の医師は研修を受けているために、このような副作用は少なくなってきています。ボトックス副作用は軽いものから気になってしまうようなものまで色々なものがありますが、それらの多くはボトックス注射が日本に入ってきた当初に見られたものです。どうしても新しい技術が必要な施術は、医師が必要な技術を得られるまでに時間がかかり、それまでは試行錯誤をする必要があります。新しい治療は素晴らしい恩恵を得られる一方で、そのようなリスクも持ち合わせています。そのためボトックス副作用としてあげられている表情が硬くなるといったものや繰り返しているうちに効果が出にくくなるといった副作用は、いまでは数が減ってきています。ボトックス副作用の中には医師の技術が向上や解決策がわかるものであれば徐々に起こる可能性が低くなってきているので、必要以上に怖がることはありません。しかし中には内出血など防ぎようのないボトックス副作用も存在します。内出血はどれだけ慎重に施術を行っても血管のない場所はないために、出血をしてしまう可能性はゼロにはできません。内出血を起こしにくいように針を極細のものにするといった工夫がされていますが、完全になくすことは難しいでしょう。しかし内出血程度であればメイクで隠すこともできますし、時間が経てば消失していきます。

Copyright© 2018 ボトックス副作用は怖くない?【時間が経てば消失する】 All Rights Reserved.